Photoset

variou:

eilishl:

Evan Vondra (aka Ang) and I headed to the beach and did a much needed photo shoot of my Journey cosplay. We wanted mist but, it had already begun to burn off before we got into it. No matter, alas, I was running around like a proper Nomad

This cosplay took me roughly three months to make, including a one month of eight hour days of sewing. It is made from wool felt and weighs around 20 pounds. Thanks to all the cosplayers who made posts about how they put together their gear! I was able to snag some templates from: http://turnonred.tumblr.com/post/22304756914/okay-that-took-forever-im-sorry-heres-the.

Thank you thatgamecompany for making such a game.

HOLY SHIT MAN THIS LOOKS AMAZING

(元記事: eilishlreference (sesame-oilから))

Photo

(元記事: themileender (sesame-oilから))

Photo

(元記事: deepspeed (cutupradioから))

Photo

(元記事: didierleclair (cutupradioから))

Photo
dormimos:

思わず保存した画像貼ってく - がぞ~速報
Photo

(出典: hsgn)

Quote
"

デザイナーというのは、なかなか食っていくのが大変な商売であるといいます。若い内はいいアイデアがどんどん出てくるのですが、その時期は評価が低いので報酬も低い。

そのうち有名になってくると、いい報酬をもらえるようになりますが今度はアイデアが枯渇してしまう人が多い。更には報酬が高いがために予算の十分あるところの仕事しかもらえない。高い故に回避されてしまう訳です。春はまだ遠いのかも知れません。

"

デザインの日(10.1)

(kogumarecordから)

Quote
"

本のデザインで一番楽しいのはどんな作業かという質問に答えて、文字組みだという。

 文字の大きさ、どのフォントを使うか、行間や上下左右の余白で印象は変わります。集中して読むミステリーは、外の風を感じられないように読者を文字に縛りつける感じ。お茶を飲みながら読めるエッセイなら風通しよく、優しくフレンドリーに。論文は固く文字を組むと信頼度が上がります。

"

祖父江慎の語るブックデザイン - mmpoloの日記 (via ginzuna)

(ginzunaから)

Quote
"

 本のデザインのキモは表紙だと思っていたというインタビューアーに対して、

(中略)さらに、持ち歩いて読むのか、机の上で読むのかでも違います。

 通勤電車で片手で読むなら、本を綴じる側の「のど」の余白は広めに、その代わり、本を開く側の「小口」の余白は狭くていい。

 同じように片手で持つ場合でも、昔の人は親指に力を入れて小口をしっかりつかみ、本を大きく開いていたので、小口の余白は広い方が良かった。最近の人は大きく開かずに、親指を軽く小口に添えて読むので、その余白は狭くていいけれど、のどの余白は広さが必要になります。

"

祖父江慎の語るブックデザイン - mmpoloの日記 (via ginzuna)

(ginzunaから)

Quote
"「シカゴ」の名の由来はネイティヴ・アメリカンの言葉で「臭いタマネギ」という意味だそうだ。湿地帯にネギが自生していたらしい・・・^^;"

Twitter / itokenstein (via yellowblog)